東日本大震災における情報通信の状況

Windows8/Appleデスクトップ・ノート!《台数限定商品!》
各メーカー・最新Windows8/Apple 19%OFF~39%OFF!他
t o w n j o h o . m a t c h - e c . c o m
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - PR by townjoho



情報通信が果たした役割と課題


第4節 情報通信が果たした役割と課題

 災害において、情報通信の果たすべき役割は大きい。例えば、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災については、
 ・電話や交通機関が途絶し、ドーナツのように被災地中心部の情報が空白になった
 ・情報発信は主に、新聞、ラジオ、テレビなどマスメディアを通じて行われた
 ・発災直後の情報は、ラジオやテレビを通じて報道され、インターネットは、主に救出・救護期以降に使われた
などの指摘がなされてきた1。
 今回の東日本大震災においては、通信インフラに対する被害も甚大であったため、発災直後は、情報伝達の空白地域が広範囲で発生したが、このような中、「情報空白域」を最小化しようとする取組が行われた。また、今回の震災においては、被害が広域的かつ甚大であったこともあり、マスメディアでは限界のある、きめ細やかな情報を送ることが可能なソーシャルメディアなどの新たなメディアも用いられた。さらに、インターネットなどを活用して、震災直後から様々な情報発信が行われるとともに、ボランティアなど後方支援を行う取組なども行われた。
 一方で、災害時におけるインターネットの利活用については、第1節で述べた通信の途絶の課題や、いわゆるデマ情報、チェーンメールへの対処など様々な課題も浮かび上がったところである。
 ここでは、特徴的な取組の一部を取り上げ考察する。



参照:平成23年版 情報通信白書


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - PR by townjoho

コミュニティ放送局の開局メンバーを募集中です!
地域のイベントや話題の配信!災害時には通信インフラを提供する即応支援スポット!
t o s h i m a c o m . f l i p s . j p

WiMAX 選ぶなら とくとくBB!
業界最安!しかも毎月100円ポイントバック! 最大28.300円キャッシュバック!
g m o b b . j p

手 作 り 品 ( オ リ ジ ナ ル ) 《 掲 載 募 集 ! 》
手作りのオリジナル品であれば、掲載は無料です。ショップスペースをお使いください!
t o w n j o h o . m a t c h - e c . c o m

PR by townjoho
[PR]
by townjoho | 2013-02-20 20:07 | としまコミュニティ放送