雑司が谷大鳥神社

特 別 限 定 品 《 送 料 無 料 》
一般市場価格:179.000円 金額108.700円、一般市場価格:135.000円、ほか。。。
t o w n j o h o . m a t c h - e c . c o m
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - PR by townjoho


大鳥神社(旧名称:鷺明神)

元は雑司ヶ谷鬼子母神(威光山法明寺の境外仏堂・鬼子母神堂)の境内に鷺明神として祀られていた。
『新編武蔵風土記稿』などによると、正徳2年(1712)松江藩主松平公の嫡男が天然痘にかかった。託宣によって鷺明神に祈願したところ、霊験を得て快癒したため、雑司ヶ谷鬼子母神の境内に祀ったのが始まりであるという。鷺様とも呼ばれ、疱瘡除けの守り神として信仰を集めたという。
もともと雑司ヶ谷の鎮守は鬼子母神であった。しかし、明治の神仏分離により、鬼子母神を氏神とすることはできなくなったので、鷺明神を大鳥神社と改称して分離し、氏神とすることになった。とはいえ、鎮座地を確保することも難しく、40坪の借地に祠がある程度であった。
明治20年(1887)これを見かねた旧幕臣の矢嶋昌郁は、200坪の自宅を寄進するとともに、自ら祠主となって神社の復興に努めた。その後、近隣の発展とともに社運も興隆し、氏子崇敬者の協力を得て境内を拡張整備し、現在に至る。
境内社の三杉稲荷神社は大鳥神社の兼務社であったが、首都高速五号線開設のため、大鳥神社境内に移転鎮座した。
11月の酉の市は多くの参拝者が参拝し、東京を代表する酉の市の一つとなっている。


参照:雑司が谷大鳥神社


9月9日(日)例祭

としまコミュニティ放送

としまコミュニティ放送

としまコミュニティ放送

としまコミュニティ放送




記事掲載ブログ:http://ameblo.jp/toshimacom/



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - PR by townjoho

復 興 支 援 に ご 協 力 く だ さ い !
売上金を被災者やボランティア活動支援などへ寄付!
t o w n j o h o . m a t c h - e c . c o m

不 用 品 ( リ サ イ ク ル ) コ ー ナ ー 出 品 者 募 集 !
ルイ・ヴィトン・ショルダー 58.000 8.000円
t o w n j o h o . m a t c h - e c . c o m

手 作 り 品 ( オ リ ジ ナ ル ) 《 掲 載 募 集 ! 》
手作りのオリジナル品であれば、掲載は無料です。ショップスペースをお使いください!
t o w n j o h o . m a t c h - e c . c o m

PR by townjoho
[PR]
by townjoho | 2012-09-09 16:59 | としまコミュニティ放送